Top >  フコイダンとはなに? >  フコイダンと免疫力

スポンサードリンク

フコイダンと免疫力

フコイダンの純度は高ければ高いほどいいわけですが、厳密にいうとフコイダンの純度というのは、
製品同志で比較するのは難しいのです。

それは原料となる海藻の種類によってはフコイダンを科学的に分析していくと構成成分にそれぞれ違いがでてくるからです。

これは単純にフコイダンの含有量だけでは、フコイダンが多いか・少ないかというのは比較できないということです。

そこでこれを比較する方法としてフコイダンにふくまれる成分の中の硫酸基という物質が、重要なポイントを持っているのです。
つまり、フコイダンの純度というのは、この硫酸基がどれくらい結合しているか、という点にあることが分かってきたのです。

フコイダンは人間の防衛機能を回復して免疫力を活性化させるパワーを持っています。
そして人間の自然治癒力を正常化して不具合を改善するなどの効能が明らかになっておりフコイダンは未知なるパワーを秘めています。

そしてフコイダンは代替医療界でもたいへん注目を集めている天然成分であり、モズクやメカブ、昆布などの褐藻類のヌルヌル成分に多く含まれる粘質多糖類の一種です。
これは本体を汚れや細菌、ウィルスから守っている成分です。

フコイダンは人間の防衛機能を回復して免疫力を活性化させる他、人間の自然治癒力を正常化して不具合を改善するなど多くの効能が明らかになっております。
健康維持などに関心が高い現代には欠かせない物質といわれています。

そして、特にモズクに含まれるフコイダンに、ガンの抑制効果に有効である硫酸化フコースが多いことが分かったのです。

フコイダンには海藻などに含まれるヌメリ成分に癌(がん・ガン)抑制効果があるといわれ医学界で注目されています。

フコイダンには海藻(昆布、ワカメ、モズク、めかぶ等)に含まれるヌメリ成分があって、フコイダンのヌメリ成分は1913年にスウェーデンの科学者であるH・Z・キリンによって発見されました。

フコイダンはそもそも褐藻類の粘質物に含まれるフコースリッチな硫酸多糖であり、ある程度の部分構造は解明されていますが、フコイダンの正確な構造の解明はいまだに明らかにされていません。
このことからフコイダンは粗抽出物として利用され、混在する色素成分など糖以外の物質による生理作用効果もあるといわれています。

そしてフコイダンには多数の生物活性効果があり、それ以外にも細胞接着阻害作用、抗炎症作用、抗腫瘍作用、抗凝血作用、ウイルス感染からの細胞保護作用効果があるとされます。
しかしフコイダンの構造と生物活性の関係はその大部分が謎とされていますが、フコイダンは低分子フコイダンといわれるものが効果が大きいとされています。

低分子フコイダンは体内への吸収率を良くしたものであり、元来高分子であるフコイダンの分子を小さくすることで体内に取り込みやすくしたものです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとは  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと癌(がん、ガン)治療  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/434

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴