Top >  フコイダンとはなに? >  フコイダンとは

スポンサードリンク

フコイダンとは

フコイダンとは、なんでしょうか?
それはモズクやメカブ、昆布などの褐藻類などのヌルヌル成分の中に含まれる多糖類のことをいうのです。
カルシウムやヨーソなどのミネラルやビタミンなどの栄養分が海藻類の中に多く含まれることはよく知られています。
その他、ヌルヌル成分の中のアルギン酸は他の食品のコレステロールの吸収を抑制する作用があります。

血液降下作用がラミニンという物質には認められています。
そして、このヌルヌルの中にフコイダンという物質が多いことが分かりました。
そして実はこのフコイダンが癌(がん、ガン)のみならず糖尿病、胃潰瘍、ヘルペス、高血圧、慢性肝炎、アトピー性皮膚炎など、さまざまな現代病にも効果があることが分かってきました。

硫酸化多糖類の仲間がフコイダンであり、これは海藻の種類によっても異なってきます。
そして特にモズクには硫酸化フコース、フコースが多く含まれているといわれ、この硫酸化フコース、フコースが、癌(がん、ガン)に対して有効であることが分かってきたのです。

フコイダンはスウェーデンにあるウプサラ大学のキリン教授が1913年にコンブのヌルヌル成分のひとつとして発見したものです。

フコイダンとは海藻の中でもコンブ、ワカメ、メカブ、モズクなどの褐藻類のみに含まれるヌルヌル成分にある水溶性食物繊維の一種です。

科学的には硫酸化フコースを主とする多糖体で硫酸基を有しており、フコース以外には、ガラクトースやウロン酸、マンノース、キシロースなどの単糖類が結合しています。

そして一般には、深い海域で成長する褐藻類よりも浅い海域で繁茂する褐藻類のほうがフコイダンの含有量が多いといわれています。
しかしフコイダンの明確な定義はなく一般的には主成分がフコースである糖鎖の総称としてフコイダンあるいはフコイダンの多糖体と呼んでいます。
海の中には人の体に良い不思議な力を持つ成分に満ちていることから海は生命の源と言われています。
そしてそのひとつがモズクにたくさん含まれているフコイダンです。

フコイダンの原料となる海藻には色々な種類がありますが、とりわけフコイダンが多く含まれている海藻は、モズクになります。
   
昆布に比べてモズクにはフコイダンが約8倍多く含まれているのです。
フコイダンの含有量が多いことで、それ相応に高い純度のフコイダンを容易に抽出できるわけです。

そしてモズクは 海水に含まれている栄養成分であるビタミンや ミネラルなどを充分に吸収して成長するため、モズクはフコイダンの原料としては最適なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 癌(がん、ガン)の種類  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと免疫力  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/143

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴