Top >  フコイダンとはなに? >  フコイダンの成分とガンの抑制作用

スポンサードリンク

フコイダンの成分とガンの抑制作用

フコイダンの成分は高分子多糖体であり、硫酸化フコースを主体とします。
そしてフコイダンは硫酸基を持っており硫酸化フコース以外にはキシロース、マンノース、ガラクトース、ウロン酸などで構成されています。

フコイダンは海藻の乾燥重量の約4%に含まれ、海藻の種類によってこの比率は異なります。
海藻の中でも特にモズクにはこの硫酸化フコースおよびフコースが多く含まれています。

フコイダンが精製されたフコイダン粉末の外観は淡黄色を帯びた白色粉末であり、それは海藻特有の臭いがわずかにあります。

そしてこの硫酸化フコースおよびフコースを体内に取り入れることによって様々な生理作用が認められております。

それらの作用の中でも特に癌(がん、ガン)に対するアポトーシス(自滅)作用や免疫細胞の活性化作用などが研究・実験により証明されております。

さらにそれ以外には血圧上昇抑制作用やコレステロール低下作用など、生活習慣を改善する働きがあります。

フコイダンの癌(がん、ガン)抑制作用にはどういうものがあるのでしょうか?

フコイダンには癌(がん、ガン)を自滅させる効果があってこれをフコイダンのアポトーシス(自殺、自滅)作用といい、この作用こそがフコイダンが最も注目される効果なのです。

そしてフコイダンにはそれ以外にも免疫細胞の活性化や癌(がん、ガン)の新生血管抑制作用があり、癌(がん、ガン)細胞への直接的な抑制作用はもちろんのことですが、間接的な抑制作用も併せ持っているのです。

冒頭のアポトーシス作用の仕組みは、まず、私達の体は体を構成する細胞が古くなると自らを自滅させて新しい細胞との入れ替えを行います。

この細胞を自ら自滅させるメカニズムをアポトーシスといいます。

私達の体は常に古い細胞がアポトーシス作用によって自滅し新しい細胞と生まれ替わっていくことで健康を維持していくことが可能なわけです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの分子量  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの癌(がん、ガン)に対する働きと攻撃  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/84

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴