Top >  フコイダンとはなに? >  フコイダンの効果とは?

スポンサードリンク

フコイダンの効果とは?

フコイダンの効果とはどのようなものでしょうか?

フコイダンは、コンブ、ワカメ、モズクなど海藻類のヌルリ成分に含まれている多糖類です。
引き潮で海藻体に強い太陽光が照射しても海藻類が生き延びられるのは、フコイダンが海藻体の水分を保持するからであり、すなわちフコイダンは自然界における潤い成分なのです。

海藻類は中国では古くからガンの治療薬として使われ、北欧の海賊はフコイダンを豊富に含むヒバマタという海藻を遠洋航海で利用したそうです。

また、モズクを普段から多く食用する沖縄からブラジルに移住して海藻を食用としなくなった人に、1日5gのワカメ粉末を2週間摂取すると、高血圧と高脂血症が改善したという研究結果もあります。
 
医学界においてもフコイダンは20数年前から血液凝固抑制作用や免疫力を高めて抗ガン作用について研究され、1996年の「日本癌学会」ではフコイダンが、ガンを壊死させる機能があることが発表され注目を浴びました。

フコイダンは、免疫力活性化作用の他、抗ガン作用や、血液凝固抑制作用、血液改善作用のほか、整腸作用、抗アレルギー作用、抗潰瘍作用、肌の乾燥防止効果などが解明されています。

フコイダンの効果は以下のとおりです。

1.抗腫瘍作用(アポトーシス誘導・血管新生抑制・免疫力強化)
 細胞を自殺するようにしむける効果、腫瘍血管の新生を抑制する効果、免疫力を活性させる効果

2.血糖値上昇抑制効果
 砂糖などの栄養素吸収を緩和する作用によって血糖を下げ、糖尿病を予防する効果

3.コレステロール抑制効果
 食物繊維は大腸を浄化する以外に血液中の悪玉コレステロールを吸収する効果

4.血液凝固抑制効果
 抗コレステロール作用に伴い血液を浄化し、動脈硬化を防ぐ効果

5.抗胃潰瘍効果
 胃壁を直接防御する効果とヘリコバクターピロリ菌が胃壁にへばりつくのを防ぐ効果

6.整腸効果
 粘質多糖類によって腸を刺激し排便を促す効果

7.血圧上昇抑制効果(むくみをなくす)
 過剰に摂取した塩分を吸収し、体外へ排出し血圧上昇を防止する効果

8.抗アレルギー低下効果
 免疫機能を高めアレルギー症状を緩和する効果

9.抗ウイルス・抗菌効果 ・作用
 食物繊維(アルギン酸)とフコイダンが合わさることによる抗菌効果

10.抗酸化作用
 活性酸素を抑制しガンを予防する効果

11.中性脂肪抑制作用
 コレステロースの吸収を抑制する効果

12.肝機能向上作用
 肝機能を正常に保つ効果

13.育毛作用
 豊富な食物繊維による育毛促進効果

14.抗HIV作用
 エイズウイルスに対する効果

15.ダイエット作用
 食物繊維により便秘を解消する効果

スポンサードリンク

 <  前の記事 新生血管抑制作用と免疫強化作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンが多く含まれるものは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/7

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴