Top >  フコイダンとはなに? >  フコイダンの純度

スポンサードリンク

フコイダンの純度

フコイダンの純度とはどういうものでしょうか?

フコイダンを使った健康食品にはそのほとんどにモズクが使われています。
フコイダン成分はモズク以外のワカメ、昆布、メカブにも含まれているのですが、なぜモズクが使われるかというと、それは純度を保つためなのです。

さて、このフコイダンの純度というのはフコイダンの含有量というものではありません。
フコイダンを構成する糖には、フコース、キシロース、ガラクトース、ウロン酸などの種類があって、原料となる海藻によって、化学組成がわずかに違っているのです。

それはフコースだけでできているものをフコイダンといい、他の糖も含んでいるものをフコイダン様多糖体というのですが、現在はそれらをまとめて全部フコイダンといっているのです。

そしてフコイダンの純度とはフコイダンの含有量では判断できないのです。

さて、フコイダンの純度はどのように判断するのでしょうか?

それは、フコイダンに含まれている 硫酸基といわれる物質の結合量 から判断するのです。

この硫酸基とは、硫酸の基になる成分であり、硫酸基は単体では全く無害な成分です。

あおあいて硫酸基そのものは、私たちの胃の中には元々備わっていているものであり、胃の粘膜を覆っている成分なのです。

最近の研究によると、この硫酸基はフコイダンにとって、とても大切な役割を果たすことが明らかになっています。

しかし、仮にこの硫酸基の結合量についての条件が満たされていない場合でもフコイダンでありことには変わりありません。

ただし、硫酸基の結合量についての条件が満たされていないフコイダンの場合、どれほどの量であってもそれは有用なフコイダンとはいえないのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの効果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの大切な条件  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/101

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴