Top >  フコイダンとはなに? >  フコイダンの大切な条件

スポンサードリンク

フコイダンの大切な条件

フコイダンにとっての大切な条件には純度と製法というふたつの条件があります。

まず、純度にとは硫酸基という物質が、どのくらい結合しているかということですが、

どれくらいの硫酸基が結合していると良いかということについては、これまでの研究で 13%以上必要であることが分かっています。

フコイダンは、化学的には硫酸化多糖体の一種です。

硫酸化多糖体というのは、糖がいくつも 結合しあって、くっついたものに、硫酸基という成分が結合したものをいいます。

そしてこの硫酸基がフコイダンにとって、とても大切な成分であるということが広く一般に知られるようになりました。

しかし、この硫酸基は、非常にデリケートな結合をしていて、例えば原料の海藻を乾燥させるだけで、その結合がバラバラと崩れてしまうといわれています。

そういう理由により、フコイダンを抽出するときに、いかにこの硫酸基を崩さないで抽出するかということが大切なのです。

フコイダンの純度はフコイダンに含まれている硫酸基(りゅうさんき)という物質の結合量で判断します。
そして大切な役割を果たす硫酸基との結合を壊さないように、製造する製法はとても重要なのです。
製品にフコイダン含有と表記されていた場合、それはフコイダン様多糖体の可能性が高いことを意味し、これはフコース以外の糖が含まれていることを意味します。

フコース以外の糖とは原材料により変わることが多く様々なものであり、フコイダン含有量の表記は製品やメーカーにより変わってきます。
フコイダン含有量はメーカーによって様々であり、例えフコイダン含有と表記されていても、必ずしも硫酸基の結合量の条件を満たしているとは限りません。
つまりフコイダンはあくまでも健康商品であり、統一された基準があるわけではないのです。

次にフコイダンの製法に関わるものに高分子や低分子という言葉があります。
フコイダンの製法により高分子、低分子という表記が変わるわけです。

フコイダンでいう高分子や低分子とは、フコイダン分子の大きさであり、一般的に高分子フコダインは体内に吸収されにくく、低分子は体内では吸収されやすいといわれます。

ただし高分子フコイダンの場合、吸収されにくいから効果がないということではなく、吸収されないことでフコイダンの力が発揮されるわけです。
高分子、低分子、どちらのフコイダンが良いとは一概にいえませんが、摂取される方によって選択が変わってきます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの純度  |  トップページ  |  次の記事 硫酸基の結合  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/103

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴