Top >  フコイダンとはなに? >  フコイダンが多く含まれるものは?

スポンサードリンク

フコイダンが多く含まれるものは?

フコイダンが多く含まれる海藻類にはどのようなものがあるのでしょうか?

フコイダンのアポトシース作用(ガンの自殺作用)については、酒造メーカーの宝酒造がガゴメコンブの研究により3種類のフコイダンを発見したことによるものです。
ガゴメコンブとは、北海道産のコンブでありヌメリが多く、松前漬けにもよく良く使われます。

一方、ヒバマタは北欧、北海道、樺太などに群生しており、亜鉛を始めとしてミネラルが豊富なことから、これらのフコイダンは健康サプリメントのみならず化粧品にも多く使用されています。

そして亜鉛含有の多いノルウェー産フコイダンを加工したサプリメント食品は、血糖値の上昇を抑制し、糖尿病の改善効果があります。

日本国内においてフコイダンが一番多いのが沖縄産モズクであり、コンブの約5倍のフコイダンがあります。
モズクは沖縄の特産品としても有名であり、国内のモズク生産量のなんと9割を沖縄産が占めます。

沖縄産モズクのフコイダンは抽出しやすく、ガンの壊死効果、コレステロール減少効果、アレルギー抑制効果などの他に胃潰瘍にも効果があります。

沖縄は全国一の長寿県であり、普段から沖縄産モズクを食用としていることも長寿に関係しているようです。

日本人は元来、海草類を多く摂取する国民であり、50代の中年以上は1日7~8gは摂取していますが、食の欧米化が進み、近年は若年になるほどその摂取量は減少しています。

しかし逆に最近の欧米人は日本人が海藻類を多く食べることに影響され、かつ海藻類の持つ健康効果に注目して日本人と同じように海藻類を多く食するようになっているといいますからそれはそれで良い傾向ではあります。

さて、モズクに次いでフコイダンの多いのはワカメのメカブがあり、モズク以外ではこのメカブも注目されています。

現在これらの海藻類はサプリメント食品として、メーカー各社が研究し商品化されており、その種類も豊富で選ぶのに苦労するほどです。

皆さんもあらゆる媒体から数多くの情報を集めて目を肥やし取捨選択することでより良い製品をゲットし決して悪い情報に惑わされないようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの効果とは?  |  トップページ  |  次の記事 ガンの生存率と死亡率と死亡者数  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/8

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴