Top >  フコイダンとはなに? >  硫酸基の結合

スポンサードリンク

硫酸基の結合

フコイダンにとって大切な成分である硫酸基は、非常にデリケートな結合をしています。

そのため、硫酸基の結合を守るためには、原料である海藻からフコイダンを抽出する際に、可能な限り化学的な加工をせずに乾燥を避けてマイルドな抽出をする必要があります。

その際に大切になるのが原料となる海藻の品質です。

フコイダンの原料となる海藻類には海水中の成分を海藻自身の中に取り
込んで、濃縮する性質があるため、海藻の品質というものは海藻が育つ海中の環境によって大きく左右されます。

例えば海水から取り込んだ成分にビタミンやミネラルなどの栄養成分があれば、それはフコイダンの栄養素となります。

しかし、海藻が汚染された海水の中で育つとするとどうなるでしょうか?

 実は、この点が硫酸基の結合量に関する大切なポイントになるのです。

例えば重金属類や放射性物質 といった有害成分化学物質で汚染された海水の中で育つ海藻は、当然のことながらそれらの有害物質を取り込んで生長することになります。

もちろん、製品化される時には、それらの有害物質は化学的に除去されます。
しかし、その際にフコイダンの大切な成分までも一緒に除去されてしまうのです。
その除去される大切な成分が硫酸基になるわけです。

フコイダンにとって、硫酸基は非常に大切な成分ですから、フコイダンを抽出する際には、いかにして、この硫酸基を 除去せずに抽出するかということが大切なわけです。

このようなことから海藻が育つ環境というのが、いかに大事かということです。

つまり、最初からきれいな海で育った、有害な化学物質のない健康な海藻を選ぶ
ことで、硫酸基の結合を保ったままでかつ高純度のフコイダンを抽出することが可能になるわけです。

現在流通しているフコイダン製品の中には、ごくまれに体に害のない程度で微量の重金属やヒ素類が検出されるものがあるようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの大切な条件  |  トップページ  |  次の記事 癌(がん、ガン)の統計  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/104

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴