Top >  フコイダンの特徴 >  フコイダンのアポトーシス誘導作用

スポンサードリンク

フコイダンのアポトーシス誘導作用

フコイダンには癌(がん、ガン)細胞を自滅させるアポトーシスの誘導、新生血管抑制作用、癌(がん、ガン)の予防作用、免疫機能の強化、細胞を活性化させる効果もあるといわれております。

それではフコイダンのアポトーシス誘導作用とはなんでしょうか?
私たちの体はとてもうまくできていますが、体の中の細胞が何らかの原因でおかしくなってしまったり、老化して働けなくなってしまうことがあります。

そしてそういう事態が起きてしまった時に私達の体の遺伝子には自ら死ぬという命令を出すようにプログラムされているのです。
実はこの細胞の自滅行為そのものがアポトーシスといわれるものです。

アポトーシスの語源はギリシャ語の枯れ葉が落ちることという意味であり、植物が枯れ葉になって落ちるという現象そのものもアポトーシスなのです。

アポトーシス現象は人間や植物以外にも起きています。
例えばオタマジャクシがカエルになる際に尻尾がなくなって水かきのある手が生えてくることや人間の胎児の指が成長とともに五本指になることも細胞のアポトーシスによって起こっているものなのです。

アポトーシスは常に我々の体の中で起こっている現象であり、細胞が古くなったり、異常になったりして死んでいくことで新しい細胞に変わり続けることによって、私たちの体は健康に保たれているというわけです。

もしアポトーシスがあまり行われなくなってしまったら色々な疾患が体を襲ってしまうことになります。
その代表的なものが癌(がん、ガン)という病気なのです。

そして癌(がん、ガン)以外にもウィルス感染、エイズ、神経変性疾患などがあり、アポトーシスが起こりにくければ癌(がん、ガン)やウィルスに感染しやすくなるわけです。

しかしエイズなどは逆にアポトーシスが起こりすぎて発病するため、体の中でバランスの良いアポトーシスが起きる必要があります。

実はアポトーシスで自滅しない細胞が増えてしまうのが癌(がん、ガン)という病気であり、この細胞を癌(がん、ガン)細胞と呼びます。

そしておかしくなった細胞は、どんどん細胞分裂を繰り返し次々に異常な細胞を増やしてしまう病気なのです。
すなわちアポトーシスが正常に行われていれば癌(がん、ガン)にはならないというわけです。

フコイダンにはアポトーシスの誘発作用があります。
しかしアポトーシスと病気の関連性はいまだ研究中なので治療に有効な手段としてはまだ確立されていない部分もあります。

日進月歩といわれる近代医学による今後の研究でフコイダンを活用した癌に有効な薬が開発され、フコイダンが実際のガン治療に使われる日が近い将来に訪れるかもしれません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの特徴(2)  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの分類とアミノ酸との関係  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/438

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴