Top >  フコイダンの特徴 >  フコイダンと従来の健康食品との違い

スポンサードリンク

フコイダンと従来の健康食品との違い

フコイダンと従来の健康食品との違いはなんでしょうか?

フコイダン以外にガンに効果のある健康食品は数多くありますが、それはおおよそ次のようなものです。

アガリクス、メシマコブ、プロポリス、サメ軟骨、AHCC・・・・・・・・・他

ところで、ガンに効果があるといわれてきた、これらの健康食品とフコイダンとの違いはなんでしょうか?

それはフコイダンはガンに直接働くというのがこれまでの健康食品とフコイダンの決定的な違いなのです。

その意味はガンに効果があるといわれてきたこれら健康食品のほとんどは、病気に対する抵抗力、免疫力を補助および強化するという本来の人間に備わっていた機能でした。

アガリクスやAHCCを例に取れば免疫力の補助・強化作用が期待されるものです。
免疫が活発に働いている限り、ガン細胞は大きく成長することはありませんし、さらに免疫の働きなしにガンの完治は望めません。

このように免疫の働きはガン治療においては非常に重要なものです。
  
事実、ガン患者の多くはガンそのものから受ける影響とガン治療による副作用などの影響により、
本来の免疫力が大きく低下している状態がほとんどなのです。

逆の言い方をすれば免疫力が低下したためにガンになったともいえるわけです。

フコイダンと従来の健康食品との違い(2)

人体はいったん免疫力が低下すると人体がガン細胞に対抗できるまでに免疫力を強化するには時間的に大きな個人差があります。

すなわち免疫力の改善は短期間で改善できる人と長期間でしか改善できない人に分かれるわけです。

ということは場合によっては進行の早いガンなどの場合、効果的にガンの成長を止めたり、進行を遅くすることは難しくなるわけです。

この意味は従来の健康食品はガンに効果があると期待されながら、実際はガンに対して直接的に働くのではなく、単に免疫力を高めることで健康を取りもどすという間接的なものでしかないということなのです。

言い方を変えれば、すなわち、従来の健康食品はガンに直接働くのではなく単に健康維持の延長線上にあるものだということです。

このことから、今後の健康食品に期待される効果とは免疫力強化作用に加えて、あたかも抗ガン剤のような抗ガン作用を持ち、ガンに対して直接的に働くことで、速やかな効果が期待でき、かつ副作用の心配が全くないということです。

実はフコイダンと従来の健康食品との違いはそこにあるのです。
そしてこのことがフコイダンが多くのガン患者と医療従事者から注目を集める最も大きな根拠なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのガンに対する3大作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗癌(ガン・がん)効果(1)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/71

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴