Top >  フコイダンの特徴 >  フコイダンの種類

スポンサードリンク

フコイダンの種類

フコイダンの種類にもいろいろあります。

フコイダンの原料となる海草類のモズクは日本国内では沖縄産が最も多くのフコイダンを含有しています。

さて、それでは国外ではどうでしょうか?

実はトンガ王国にもフコイダンを多く含有するモズクがあるのです。

モズクの成長する環境は極めて重要ですが、トンガ王国のモズクは大陸から約3000キロ離れた海域で育つのです。

海藻類は通常、重金属や 放射性物質などの化学物質で成長する海域が汚染されている場合は海草類であるモズクもそれらの化学物質を吸収して濃縮してしまう性質があるのです。

しかし、大陸から遠く離れたこの海域は水質汚染がないため有害な化学物質は一切検出されず、結果として良質のモズクが豊富に採れるわけです。

そして、この海域で採れるモズクは希少種であり、かつ新種である可能性が非常に高いとも言われています。

これまでの研究で分かっていることは、硫酸基の結合量が13%以上であることがフコイダン効果の優劣を決定する為の大切な条件として必要だということです。

ちなみに日本国内のモズクから抽出されるフコイダンは、硫酸基の結合が10%程度だといわれています。

さて、良質なフコイダンを抽出するために適したモズクとは、一体何でしょうか?
実はそれこそが、海藻が育つ環境なのです。

汚染された海では有害な化学物質が存在しているため、場合によってはそれらの化学物質が原料となるモズクに蓄積される可能性があるわけです。

このことからフコイダンの原料となるモズクにこれらの化学物質が付着している場合は、当然これらの化学物質を取り除く必要が出てきます。

そして、化学物質を取り除く方法とはフコイダンの抽出過程で化学的処理を加える方法です。
しかし、この過程でフコイダンの有効成分である硫酸基の結合も失ってしまうのです。

そういう理由から、海藻が育つ環境は非常に大事なことなのです。
つまりフコイダンは、可能な限り汚染のないきれいな海で成長したモズクを使う必要があるわけです。

製造過程において余計な科学的処理の必要をなくするためには化学物質で汚染されていないモズクを使うことで純度の高いフコイダンを抽出することができ、硫酸基の結合量を16%以上にすることができるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗癌(ガン・がん)効果(2)  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの低分子化  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/77

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴