Top >  フコイダンの特徴 >  フコイダンの低分子化

スポンサードリンク

フコイダンの低分子化

一般的にフコイダンは分子量が大きい、いわゆる高分子なため人間の腸からの吸収が難しいといわれています。

通常、私達が食べ物を口から摂取して胃に送り込み胃腸で吸収する際のフコイダン分子量の大きさは3000~4000といわれているのです。
そして、その大きさのフコイダン分子が私達の腸で吸収されるのは摂取されたフコイダン全体のわずか4~5%ほどであり、残りの約95%は吸収されることなく体外へ便として排出されてしまうわけです。

これではいくらフコイダン成分が体に良くても、かなり効率が悪いわけです。
そこでフコイダン成分が効率よく私達の体内に摂取されるためにはフコイダン分子量を小さくする必要があるわけです。

ところがフコイダンの分子量を単に小さくするだけではフコイダン成分の最大の特徴である硫酸基結合が分解してしまう可能性があるため、単純に分子量を小さくすることができないのです。

これらのことを背景に研究された方法が フコイダンの低分子化製法です。
これは通常20万~100万ほどのフコイダン分子量を500以下にする方法で、サザエやアワビが持っている酵素を特殊技術によって利用するものです。

この方法によって低分子化されたフコイダンは腸あるいは舌からの吸収が容易になるのです。

抗癌(がん)作用があるといわれているフコイダンはもともと高分子ゆえ、液体で摂取すれば喉頭(こうとう)や舌、食道や胃や腸の表面の細胞には直接ふれることができます。

しかし、それ以外の部位は、フコイダンが直接ふれられないので効果が期待できないといわれ、肝臓や肺などの内臓にはまったく働きかけができないといわれていたのです。

ところがフコイダンを超低分子化することで腸で確実に吸収され、内臓をはじめとする体内の隅々に届けることができ、直接触れる部分以外でも血管を通って、ガンなどの腫瘍患部にたどりつくことが可能となったのです。

低分子とは血液中に取り込まれるくらい小さな分子にすることが大切なのです。
すなわちいくら良質のフコイダンでも体内に吸収されなければ、ガンや腫瘍細胞まで到達できないため効果が発揮されないわけです。

また、胃腸の弱った方でも吸収力が高まるようにするためにはフコイダンを低分子化することが大変重要といえます。

フコイダンはもともと分子が20万を超える巨大な高分子多糖体というフコースという糖と硫酸基が結合した硫酸化フコースと、ガラクトースやマンノース、キシロース、ウロン酸などの糖が多数連結しています。

人間が食物を摂取し歯でかみ砕いて胃で溶かし十二指腸に送りこむときの分子の大きさは約3,000~4,000の大きさと言われていますが、この大きさでは人の腸では殆ど吸収ができません。

ところが貝類は海藻を常食するため、海草を低分子化する酵素を持っています。
そこで貝の酵素で低分子化すると分子量が500以下になることがわかりました。

その結果、分子量を500以下にすることによりもっとも吸収が早い舌の下側からでも吸収するのが可能となったのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの種類  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと健康食品  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/78

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴