Top >  フコイダンの特徴 >  フコイダンと健康食品

スポンサードリンク

フコイダンと健康食品

フコイダンを使った健康食品には下記のような種類があります。

1.液体
2.粉末
3.錠剤
4.カプセル

上記において最も吸収がいいのは液体状のフコイダン健康食品となります。
液体状のフコイダン健康食品は口から摂取した際には舌からの吸収が容易なため、舌の粘膜からも吸収されながらその後、胃腸にたどり着いて胃腸からも吸収されるわけです。

そして粉末、錠剤。カプセルなどの個体状のフコイダン健康食品は口から摂取されたあとは舌からの吸収はほとんどなく、ほぼストレートに胃腸にたどり着いて初めて吸収されるわけです。

それから、形状によるメリットとデメリットは以下のとおりです。

液体・・・・・・・・メリット:吸収が良い。 硫酸基が崩れない。
         デメリット:重量があるため保管や運搬にコストがかかる。

個体・・・・・・・・メリット:重量が軽いため保管や運搬コストが安い。
         デメリット:製造過程で製品を乾燥させるために水分を取り除く際に硫酸基を失う可能性が高い。

また、粉末や錠剤、カプセルなどの固形タイプのフコイダンは、いちど胃袋に入ってから溶けだすのにくらべ、液体タイプのフコイダンは、口に入れた
瞬間から 粘膜になじみ、ゆっくりと胃腸まで流れていきます。

それからフコダインの特徴は硫酸基にあるため、硫酸基を失ったフコダインは本来のフコダイン効果が期待できないのです。

つまり、本来のフコダイン効果を発揮させるには可能な限りフコダインの硫酸基を失わないような製品化を目指す必要があるわけです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの低分子化  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの分子量  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/80

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴