Top >  フコイダンの特徴 >  フコイダンの分子量

スポンサードリンク

フコイダンの分子量

フコイダンの分子量は本来、高分子であり、フコイダンを大量に摂取しようとしてモズクを大量に食べてもフコイダンそのものを吸収することはほとんど不可能です。

なぜならばフコイダンそのものが高分子であり分子量の大きさは200,000~1,000,000といわれているのです。

通常、食べ物を口から摂取して胃腸で消化される際の分子量は3,000~4,000といわれているのですからフコイダンの分子量の大きさはなんと、その50倍から300倍にもなるわけです。

すなわち、このフコイダンの200,000~1,000,000の分子量の大きさだとほとんど吸収されないということです。

これを分かりやすく例えると、針の穴にゴボウを通すようなものなのです。

通常は人間の胃腸は高分子で取り込まれた食品であっても分解および消化によって分子を小さくして吸収します。

しかし、残念ながら人間の体には高分子のフコイダンを分解および消化するために必要な酵素が備わっていないのです。

結果として、口から摂取したフコイダンは高分子状態のままで処理されるためにそのほとんどが吸収されずに便として体外に排出されてしまうわけです。

人体へのフコイダンの吸収を効率良くするためにはフコイダンの分子量を小さくすればいいわけですからいわゆるフコイダンを低分子化すれば効率の良い吸収が実現できるわけです。

ところが現実にはそう単純にはいかないのです
それはフコイダンに必要欠くべからず要素に硫酸基というものであるからです。

フコイダンの分子量を、単に低分子化するのは、それほど難しいことではないのですが、一番問題となるのがフコイダンの絶対要素である硫酸基は、非常にデリケートな結合をしているため、単純に低分子化すると結合が解けてしまうのです。

フコイダン研究の第一人者である元ボストン大学医学部の客員教授で、秋川研究所の大石一二三博士によりますと、フコイダンに必要とされる条件のひとつに硫酸基の結合量が13%以上というものがあります。

フコイダンを低分子化して人体への吸収を効率アップするのはいいのですが、その代償として硫酸基を失ってしまっては、元も子もないわけです。

フコイダンを低分子化してなおかつ硫酸基の結合を崩さない技術はその後の研究開発により実現しました。

この方法は貝のアワビなどが海草類を食する際に酵素を用いて分解、消化することに着目して、その酵素そのものを抽出しフコイダンを低分子化するものです。

かくして、長年に及ぶ多くの研究者達の努力と研究によって、フコイダンの分子量を 500以下にする特殊製法が開発されたのです。
現在、 この製法は製法特許としての技術が確立されています。

かようにして、低分子化により優れた吸収率を実現し、なおかつ硫酸基の結合を守った超低分子モズクエキスである シーフコイダンが生まれたのです。
ちなみにシーフコイダンの硫酸基結合量は必要最低条件の13%を大きく上回る16%以上を保証 しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと健康食品  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの成分とガンの抑制作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/81

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴