Top >  フコイダンの作用 >  フコイダンの作用

スポンサードリンク

フコイダンの作用

フコイダンの主な作用には以下のものがあります。

1.抗腫瘍作用(抗ガン作用)

2.血糖値上昇抑制作用

3.抗アレルギー作用

4.コレステロール上昇抑制作用

5.血液凝固阻止作用

6.血圧上昇抑制作用

7.潰瘍治療促進作用

8.抗ウイルス・抗菌作用

9.抗酸化作用

10.肝機能向上作用

11.中性脂肪抑制作用

12.育毛作用

13.保湿作用

14.ピロリ菌感染阻止作用

フコイダンにはこのように様々な作用があるわけですが、これらの作用によって生活習慣病やアレルギー疾患などにも効果を発揮します。
そして、やはりこれらの作用の中でも特筆すべき作用は抗腫瘍作用、つまり抗ガン作用です。

抗ガン作用があるものとして例えばアガリクスなどの植物は多糖性の植物繊維です。
アガリクスなどは患者の免疫力を上げてガンと闘わせますが最低でも3ヶ月くらいの期間を要するためにガンの勢いのある増殖力にはなかなか追いつけないのが現状です。

それに対してフコイダンの作用は免疫力を上げることはもちろんですがフコイダン自体がガン細胞に攻撃してガン細胞をアポトーシス(自殺)させるため、自然界における抗ガン剤としての大きな価値を有するわけです。

フコイダンは癌(がん、ガン)に対して抑制効果があるといわれていますが、現代のガン治療においてはどうしても何らかの副作用がつきまとうのに対し、フコイダンにおいてはガンを攻撃こそすれども副作用がないとされいるのです。

一般的な抗癌剤は癌(がん、ガン)細胞にもダメージを与えますが、それと同時に正常細胞にもダメージを与えてしまうため、どうしても副作用は避けられませんでした。

そういうことからフコイダンによる癌(がん、ガン)の抑制効果に対しては、従来の抗癌剤に比べて画期的な面を期待されているのです。

フコイダンはガン細胞に対しては抑制作用を働かせる反面、正常細胞に対しては免疫力強化、マクロファージの活性化、NK細胞の増強活性化をするのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンはガンに効くのか?  |  トップページ  |  次の記事 新生血管抑制作用と免疫強化作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/5

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴