Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  癌(がん、ガン)の種類

スポンサードリンク

癌(がん、ガン)の種類

癌(がん、ガン)の種類にはその発症する部位によって以下のようなものがあります。

1.脳・神経
  脳腫瘍、下垂体腺腫、聴神経鞘腫、神経膠腫

2.口腔・鼻・咽頭・喉頭
   咽頭癌、喉頭癌

3.胸部
   腺腫、乳癌、肺癌、中皮腫

4.消化器
   食道癌、大腸癌

5.肝臓・胆嚢・脾臓
   肝細胞癌、胆癌、膵癌、胆のう癌、膵内分泌腫瘍

6.泌尿器
    陰茎癌、精巣腫瘍、腎盂、尿管癌、前立線癌、腎細胞癌、膀胱癌

7.婦人科
   外陰癌、子宮癌(子宮頚癌・子宮体癌)、子宮肉腫絨毛性疾患
   膣癌、乳癌、卵巣癌、卵巣胚細胞腫瘍

8.皮膚 
   皮膚癌、悪性黒色腫、菌状息肉症、

9.骨・筋肉
   軟部肉腫

10.血液・リンパ
    悪性リンパ腫 (悪性リンパ腫:非ホジキンリンパ腫・ホジキン病)

11.骨髄異形成症候群
    多発性骨髄腫、 白血病 (慢性骨髄性白血病、急性骨髄性白血病、
    急性リンパ性白血病、慢性リンパ性白血病、成人T細胞白血病リンパ腫)
    慢性骨髄増殖性疾患

12.内分泌
    膵内分泌腫瘍、褐色細胞腫

13.小児がん
     脳腫瘍、軟部肉腫

14.その他
     原発不明がん

以上

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの特徴  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/142

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴