Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  癌(ガン・がん)に対するアポトーシス誘導作用

スポンサードリンク

癌(ガン・がん)に対するアポトーシス誘導作用

癌(ガン・がん)に対するアポトーシス誘導作用

人体において健康でかつ正常な細胞は常に細胞分裂をくり返しています。
しかしこの正常な細胞はいつまでも際限なく細胞分裂をくり返すというわけではないのです。

実は正常な細胞というのは新しい細胞に生まれ変わるために、ある決まった回数の細胞分裂をくり返した後に細胞自体が崩壊を起こしていきます。

この自然な細胞崩壊の状態をアポトーシスといいます。
人体は約60兆の細胞からできており、これらの細胞はアポトーシスによって常に新しく入れ替わっているのです。

ところが、癌(ガン・がん)細胞にアポトーシスはないのです。
つまり、この意味は癌(ガン・がん)細胞にはアポトーシスがないため、分裂や増殖をいつまでも繰り返していけるということなのです。

フコイダンは、このように癌(ガン・がん)細胞に直接働きかけてアポトーシスを起こして、癌(ガン・がん)細胞の増殖を阻止して癌(ガン・がん)を自然崩壊させてしまうのです。

この作用がアポトーシス誘導作用といわれるものです。
実はこれがフコイダンが癌(ガン・がん)治療における代替療法として大きな注目を浴びている要素なのです。

現実に医療現場においては多くの医師から高い評価を得て癌(ガン・がん)治療にフコイダンが取り入れられているのです。

アポトーシスという言葉は元来、分子生物学からきており、遺伝子に組み込まれた細胞の自滅プログラム(新陳代謝)という意味です。

一般的にはプログラム細胞死とか細胞自殺あるいは細胞の自己崩壊などとも呼ばれています。

オタマジャクシがカエルになるときに、しっぽが消えてなくなるのも実はアポトーシスなのです。
これは身体が変型していくのではなく、不要になった細胞があらかじめ決められた約束の寿命に従って自ら壊れて死んでいくためで、しっぽがだんだんなくなっているように見えるのだけなのです。

このようにアポトーシスとは、その生物が生きていくために必要な約束された行為であり、遺伝子のプログラムとなります。

私たち人間の体内では、毎日、古くなった細胞がアポトーシスを起こし、新しい細胞と入れ替わる新陳代謝という生命活動が行われています。

約60兆個の細胞が集まって構成されている人間の身体は、およそ200日ですべての細胞が入れ替わるといわれています。
つまり、健康な人の場合、およそ6か月毎に身体の細胞が新しくなっているわけです。

この60兆個の細胞一つひとつにあらかじめ寿命が決まっており、これらの細胞は、一定期間活動すれば、死滅し、体内に吸収され、やがて新しい細胞へと生まれ変わっていくようにプログラムされています。

アポトーシスの仕組みは細胞の寿命がくると外部からアポトーシス誘導の連絡があり、内部の自己崩壊スイッチが押されます。

そしてスイッチが押された細胞は、核がバラバラに断片化し、細胞の状態がこわれていき、体内の別の細胞(マクロファージ)により食べられます。
食べられた細胞は、アミノ酸となり、新しい細胞の材料となります。

自分の寿命を知り、自らが新しい生命(細胞)の材料となるために崩壊していくことがアポトーシスなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 高分子フコイダンと低分子フコイダン(3)  |  トップページ  |  次の記事 癌(ガン・がん)に対する新生血管抑制作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/55

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴