Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  癌(ガン・がん)に対する新生血管抑制作用

スポンサードリンク

癌(ガン・がん)に対する新生血管抑制作用

癌(ガン・がん)細胞は一定の大きさになると、癌(ガン・がん)自体に栄養を供給するために自分専用の血管を作って、そこから栄養を補給して増殖を続けます。

この癌(ガン・がん)細胞によって癌(ガン・がん)細胞専用に作られる血管のことを新生血管 といいます。

癌(ガン・がん)細胞はこの新生血管を自分自身で作るのではなく、サイトカインという情報伝達物質を分泌して、正常な細胞に血管づくりを命令するのです。

そして、この血管は薄い膜一枚でできているため、血液中の血しょう成分が、どんどん血管の外にしみ出すことにより、
やがてはその水分が胸水や腹水となって癌(ガン・がん)患者に負担をかけます。

その結果として、癌(ガン・がん)患者はやせ衰えて体力を消耗し危険な状態に陥っていきます。

その後さらにこの血管は、らせん状に渦をまいて血液が引き込まれやすくなっているため、癌(ガン・がん)細胞は栄養を独占しながら、急激に増殖していくのです。
そしてこの血管は癌(ガン・がん)が転移する際に絶好の通り道になります。

癌(ガン・がん)は本来、直径1mm~2mmほどしか増殖することができないのですが、実はこの新生血管により急激に増殖することができるのです。

フコイダンには、こういった癌(ガン・がん)細胞が持っている新生血管の働きを妨害する効果があるといわれています。

通常、癌(ガン・がん)細胞は一定の速度で増殖していき特に新生血管より栄養補給路を確保したあとは加速度的に増えていきます。

しかし、フコイダンを投与しているとこの加速度的な増殖がなくなるのです。
これは明らかにフコイダンが、癌(ガン・がん)細胞の新生血管を邪魔していると考えられるのです。
このフコイダンの作用によって、癌(ガン・がん)細胞の成長や転移を抑制することができるわけです。

一方、フコイダンは正常な細胞にはダメージを与えることはなく、あくまでも癌(ガン・がん)細胞にのみ作用します。

スポンサードリンク

 <  前の記事 癌(ガン・がん)に対するアポトーシス誘導作用  |  トップページ  |  次の記事 ガンに対する転移抑制作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/56

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴