Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  ガンに対する転移抑制作用

スポンサードリンク

ガンに対する転移抑制作用

癌(がん、ガン)に対する転移抑制作用

癌(がん、ガン)細胞が転移する大きさは 0.1mmが目安とされています。
しかし、最低5mm位の大きさにならないと癌(がん、ガン)の早期発見は困難と言われています。

そして癌(がん、ガン)細胞は、手当たり次第どこにでも転移するというわけではありません。
これは癌(がん、ガン)の嗜好性によるホーミングレセプターいわれるもので、ある部位で発生した癌(がん、ガン)は転移するにあたって自分の好む場所を探していきます。

例えば胃ガン・大腸ガンの場合は肝臓への転移を好みます。
そして、乳ガン・乳腺ガンの場合は脳・副腎・肺・肝臓への転移を好みます。
それから前立腺ガンの場合は骨への転移を好みます。

このように癌(がん、ガン)細胞が転移を好む臓器は発症した場所(原発腫瘍)によって異なります。
こうした癌(がん、ガン)細胞が転移するにあたって好みとする臓器を「好発転移部位」といいます。

癌(がん、ガン)細胞は発症した部位を離れて自分の好発転移部位を探して血管の中に入っていきます。
そうして血管中をさまよい、いざ好発転移部位を見つけると癌(がん、ガン)細胞が持っている接着因子によってピタリとはりついてしまい、臓器への進入(浸潤)を試みます。

これがいわゆる癌(がん、ガン)の転移といわれている現象です。
フコイダンは、この癌(がん、ガン)が転移しようとする臓器の表面をバリアして癌(がん、ガン)の接着を不可能にしてしまい癌(がん、ガン)の接着因子が好みの場所に転移するのを防いでくれます。

このフコイダンの癌(がん、ガン)転移抑制作用により転移を試みた癌(がん、ガン)細胞は行き場をなくして力尽きた後に死滅し体外に排泄されてしまうのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 癌(ガン・がん)に対する新生血管抑制作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと免疫力増強作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/57

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴