Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  フコイダンと免疫力増強作用

スポンサードリンク

フコイダンと免疫力増強作用

自分と自分以外の異物を識別して体内に侵入してきた病原菌などの異物を体外に排除するシステムのことを免疫といいます。

血液中の白血球は免疫をつかさどる細胞で、B細胞・T細胞・NK細胞などのリンパ球や、マクロファージなどがあります。
これらひとつひとつの細胞が協力し合って非常に高度な免疫システムを作りあげているわけです。 

特に小腸は外部から取り込んだ栄養素を吸収する内臓ですが栄養素と一緒に有害な物質が体内に入り込むのを防ぐため、
小腸には全身の60%ものリンパ球が集中し、腸管免疫といわれる高度な免疫システムをつくっています。

外部から侵入した物質である細菌やウィルスなどは、免疫細胞から異物であるという判断を受け、リンパ球から攻撃を受けます。

実はフコイダンも免疫細胞から異物であるという判断を受け攻撃を受けます。
そしてリンパ球はこの攻撃により活性化し、その結果として体内の免疫力が高まっていくわけです。

フコイダンは元々海草の周りを覆っている物質で海草を外部の色々な敵から守っています。
この機能は人間にもあり、口の中や、鼻の中など、色々な場所に粘膜があり、私たちを雑菌やウィルスから守ってくれています。

フコイダンはこの粘膜の力を強化したり、体全体の免疫力を高めてくれる効果があるとされています。
免疫力が高まれば雑菌やウィルスから身を守ることができ、結果として風邪をひいたり大きな病気になることも少なくなり、健康な生活を送ることが出来ます。
しかし免疫力は年齢が上がるとともに下がっていきますし、ストレスや過労などで体力が落ちると同時に免疫力も落ちてしまいます。

フコイダンは免疫力を強化することによって、年齢などによって弱っていく体力を軽減し、いつまでも健康な体を保つために有効な栄養素といえるのです。

そこでフコイダンで免疫力を高めつつ、治療をすることによって体力の低下や弱りによる病気の再発を軽減することができると考えられています。

人間の体内にはNK細胞とういう優れた免疫力をもった細胞が常に存在しています。
このNK細胞は体の中に雑菌やウィルスが入ってくると攻撃し駆除する能力をもっており、体の健康を守るために極めて重要な細胞であり、このNK細胞を活性化させる効果がフコイダンにはあるとい
われています。

フコイダンが持っている多糖体が、雑菌の細胞壁と似ていることで、体内の免疫細胞がフコイダンを外敵と勘違いすることで活性化するといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ガンに対する転移抑制作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのマッサージ作用とピロリ菌除去作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/59

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴