Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  フコイダンはガンに効くのか?

スポンサードリンク

フコイダンはガンに効くのか?

果たして本当にフコイダンはガンに効くのでしょうか?

日本では年間約30万人の人が癌(がん、ガン)で亡くなっており、今や日本における死亡原因は癌(がん、ガン)がトップとなっています。

これまでに数多くの抗ガン剤が開発されてきましたが様々な副作用が患者を苦しめてきており治療の決定打とは成り得ていないし完治も極めて難しいのが医療界の現実の姿です。

癌(がん、ガン)の三大療法には以下のものがあります。

1.外科療法

2.放射線療法

3.化学療法

しかし残念ながらこれらの療法はそのほとんどが副作用によって患者が苦しむ結果となっています。

そして癌(がん、ガン)の初期であればこれらの三大療法は効果的ですが根本的な癌(がん、ガン)の発生原因を絶たなければ再発と転移を繰り返して完治は極めて難しいわけです。

人体は約60兆個の細胞からできており個々の細胞核には10万個の遺伝子が詰まっています。
そしてその中には癌(がん、ガン)を発生させる遺伝子や癌(がん、ガン)の働きを抑制する癌(がん、ガン)抑制遺伝子というものが含まれているのです。

そして通常は癌(がん、ガン)遺伝子よりも癌(がん、ガン)抑制遺伝子のほうが働いているため癌(がん、ガン)細胞化は未然に防がれているわけです。

しかし、何らかの原因で癌(がん、ガン)遺伝子がキズついたり問題が起こったりすると活性化された癌(がん、ガン)遺伝子はガン抑制遺伝子の手に負えなくなりこれまでの正常細胞が突然変異を起こして癌(がん、ガン)細胞化してしまいます。

こうしていったん発生した癌(がん、ガン)細胞はその後異常な勢いで増殖を繰り返して正常な細胞を凌駕してしまうのです。

癌(がん、ガン)細胞は増殖のために栄養補給を必要とするため癌(がん、ガン)自体が栄養補給のための新生血管を作ってそこからどんどん栄養を補給しながら増殖していくため、正常な細胞は衰弱していきます。

癌(がん、ガン)は早期発見がなければ発生から数十年という長い年月をかけて進行ガンとなり、末期ガンとなります。

フコイダンは癌(がん、ガン)が自ら栄誉補給のために作る新生血管を抑制し、正常細胞をより強くしながら癌(がん、ガン)細胞のみをアポトーシス(自殺)へ追い込みます。

それからフコイダンは人体の免疫力を上げます。

免疫とは生態を防御する機能のことです。
免疫力には人体に侵入した異物を発見する免疫監視機能と異物を攻撃する免疫攻撃機能があり白血球が免疫攻撃の役割を果たしているのです。

この免疫力を強化することにより癌(がん、ガン)細胞を駆逐できるわけでフコイダンはまさしくその役割を果たす有力なサプリメントと位置付けられるわけです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの特徴  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/4

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴