Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  ガンに対するフコイダンの攻撃

スポンサードリンク

ガンに対するフコイダンの攻撃

癌(がん、ガン)に対するフコイダンの攻撃

フコイダンのアポトーシス作用の働きにおいて、フコイダンが自滅スイッチを押しても万一それが作動しない場合はフコイダンはガン細胞に別の攻撃をしかけます。

次の攻撃というのは強制的に癌(がん、ガン)細胞の表面に穴を開けるというものです。
そうすることにより細胞の中ではパーフォリンという毒素が出され、その毒素によってDNAが破壊されます。

フコイダンによるアポトーシスの誘導はひとつのルートがだめな場合は、さらに別のルートというように予備ルートを備えて癌(がん、ガン)細胞を自滅させる作用です。

このように実験によって癌(がん、ガン)に対する様々な効果が確認されるとガン治療への効果が期待され、さらに多くの医療機関で研究されるようになりました。

フコイダンは副作用のない現代の新しい癌(がん、ガン)治療の代替としての地位を築きつつあります。
そして、今後さらなる研究によりその大いなる効果が期待されています。

それからフコイダンには免疫力を向上させ、生活習慣病の元凶である活性酸素の攻撃を抑制する効果があります。
フコイダンによって免疫力が向上すると免疫細胞であるNK細胞というものがガン細胞を攻撃して排除することが知られています。
こういうことからNK細胞が体内に多く存在する人にはガン患者が少ないと考えられています。

フコイダンが体内に摂取されると、免疫細胞であるNK細胞は分子構造の大きいフコイダンを病原菌と勘違いして活性化する結果、免疫力が高まるわけです。

さらにフコイダンにはNK細胞の活性化に必要なインターフェロンガンマや、インターロイキン-12といったサイトカインの産生を強く促進する作用も認められています。

ここでサイトカインとは免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質であり、免疫や炎症に関係したものや細胞の増殖・分化・細胞死あるいは創傷治癒などに関係します。

あと、フコイダンにはガン細胞による新生血管を抑制する作用があることが分かっています。
ガン細胞の新生血管を抑制することできれば、ガン細胞は新しい血管を利用しての成長ができなくなり、転移することもできなくなります。

フコイダンによる新生血管の抑制により、いわゆる兵糧攻めの状況でガン細胞の栄養補給路と逃走路を排除することでガンの進行を遅らせることができると考えられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 アメリカと日本のガンに対する研究  |  トップページ  |  次の記事 海藻と長寿の関係  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/63

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴