Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  フコイダンの抗癌(ガン・がん)効果(1)

スポンサードリンク

フコイダンの抗癌(ガン・がん)効果(1)

フコイダンが癌(ガン・がん)細胞を崩壊させる作用のことをフコイダンのアポトーシス誘導作用といいます。

健康で正常な細胞は常時、細胞分裂をくり返していますが、いつまでも際限なく分裂をくり返すわけではありません。

正常な細胞というのは、実は決まった回数の細胞分裂をくり返した後は、細胞自身が崩壊を起こして新しい細胞に入れ替わっていきます。

この細胞崩壊のことをアポトーシスといいます。

人体は約60兆の細胞からできており、アポトーシスを起こすことで古い細胞は常に新しい細胞と入れ替わって健康な身体を保っているわけです。

ところが癌(ガン・がん)細胞はアポトーシスを起こさないのです。
つまり、癌(ガン・がん)細胞が常に分裂や増殖をくり返していけるのは、アポトーシスを起こさないからです。

実はフコイダンには、癌(ガン・がん)細胞に直接働きかけてアポトーシスを起こさせて癌(ガン・がん)細胞の増殖を止め自然崩壊させてしまう作用があるのです。

そしてフコイダンには正常な細胞を一切傷つけることなく、癌(ガン・がん)細胞だけをアポトーシス(自滅)させることができるわけです。

すなわち、フコイダンが代替療法として癌(ガン・がん)治療の現場で高い評価を得て取り入れられている最大の理由がここにあるわけです。

癌(ガン・がん)を兵糧攻めにする作用のことを新生血管抑制作用といいます。

癌(ガン・がん)細胞は一定の大きさになると自分自身に栄養や酸素を供給するために近くの血管から自分専用の血管を作って成長を続けます。

この癌(ガン・がん)細胞が自分専用の血管を作ることを新生血管作用といいます。

そして、この新生血管は胸水や腹水の元となって癌(ガン・がん)患者に負担をかけるのです。

この影響で癌(ガン・がん)患者はやせ衰えて体力を消耗し悪液質という危険な状態に陥っていきます。

そして、さらにこの血管はらせん状に渦を巻いてどんどん血液を引き込み、癌(ガン・がん)細胞は栄養をひとり占めにしながら急成長していくわけです。

実はこの新生血管が転移をするときの絶好の通り道になるのです。

本来、癌(ガン・がん)細胞は直径1mm~2mmほどしか成長することができないといわれていますが新生血管のお陰でそれ以上に急成長できるわけです。

ところがフコイダンには、癌(ガン・がん)細胞が新生血管を作らせる働きを妨害する効果があり、これを新生血管抑制作用といいます。

癌(ガン・がん)細胞は通常、一定の速度で増殖していき新生血管によって栄養補給路を確保したあとに加速度的に増えていることが分かっています。
しかし、フコイダンを投与していると、このようなことがありません。

これはフコイダンが、確かに癌(ガン・がん)細胞の新生血管作用を抑制していると考えられるわけです。

フコイダンは癌(ガン・がん)細胞のみに作用し正常細胞に影響を与えることはありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと従来の健康食品との違い  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗癌(ガン・がん)効果(2)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/73

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴