Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  癌(がん、ガン)の精密検査と療法

スポンサードリンク

癌(がん、ガン)の精密検査と療法

癌(がん、ガン)の精密検査項目には以下のようなものがあります。
通常、人間ドックで行われる一般的な癌(がん、ガン)検査に始まり、癌(がん、ガン)と診断されてから行なう検査方法があります。
そして、癌(がん、ガン)の種類や部位によって患部の検査方法はさまざまであり最適な検査方法も違ってきます。

1.腫瘍マーカー検査:癌(がん、ガン)の第一段階の検査方法であり、一般的な健康診断で行なう
  検査方法で、これは血液・尿・便を採取して行ないます。
  この検査では、癌(がん、ガン)以外の病気でも同じような結果が出る場合があります。
  そして、これによってすべての癌(がん、ガン)を調べることは困難ですが一般的な
  癌(がん、ガン)検査では可能となります。

2.内視鏡検査:レントゲン検査などで見つかったものをさらに細かく診断する為の検査です。
  上部消化管内視鏡検査と下部消化管内視鏡検査があり、消化器系癌(がん、ガン)の
  検査方法となります。

3.婦人科検査(触診・コルポ診・細胞診・組織診):子宮癌検診には、子宮頸癌検診と
子宮体癌検診 があり子宮の細胞の組織検査を行ないます。 
そして乳癌の場合は医師による問診・触診検査を初診で行なった後、
マンモグラフィー検査を行ないます。 
婦人科癌検査の場合は子宮・卵巣は婦人科ですが、乳房は外科になるので人間ドックなどで
両方ができる病院のほうが最適です。

4.CT検査:レントゲン検査の場合、外見からでは検査が困難な細かい情報を得る事が出来ます。
  この検査が適しているのは、気管支や肺などの胸部や肝臓・膵臓などの腹部の検査です。

5.MR検査:この検査によって体内の断層撮影を撮る事が可能となり、
  さらに細かな検査をする事ができます。
  この検査で、臓器・子宮・卵巣・前立腺・脳などのX線やCT検査で見えにくい複雑な臓器に
  適しています。

6.マンモグラフィー検査:この検査は、乳房専用の検査であり、視診や触診検査で見逃した
  癌(がん、ガン)も発見する事ができます。

7.PET検査:この検査は、臓器の形態から異常を発見するCT検査やMR検査とは異なり、
  細胞の機能・代謝から癌(がん、ガン)の有無を調べる検査です。
  この検査により小さな癌(がん、ガン)のリンパ節への転移なども発見することができます。
  人間ドックなどではオプションとして行ないます。

癌(がん、ガン)療法の代表的なものは下記のとおりです。

1.外科療法:手術によって癌(がん、ガン)を患部より切除して、他の健康な臓器への移転を
防ぎます。そして症状によっては臓器を患部ごと全摘出する全摘手術と、臓器の部分的な
  患部摘出の部分的手術がありますが場合によっては体力を回復させて他の治療を行うケースも
  あります。

2.化学療法:抗癌剤などによる療法であり、癌(がん、ガン)の種類と患部によっては完治する
可能性の低いものや効果の薄いものもあり、薬剤の種類によっては、強い副作用を伴う事も
あります。

3.放射線療法:患部に放射線を当てて癌細胞を死滅させる療法であり、その反面、正常細胞にも
影響を与えるデメリットがあります。
放射線療法は手術前後に併用する場合が多い療法ですあり、
一部の癌(がん、ガン)によっては、初期の時期にこの方法で治療する場合もあります。

4.免疫療法:元来、人間が備えている免疫力を利用して治療する方法であり、
副作用が少ないため、最近では見直されている療法です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 癌(がん、ガン)検診  |  トップページ  |  次の記事 癌(がん、ガン)の原因と予防  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/113

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴