Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  癌(がん、ガン)の原因と予防

スポンサードリンク

癌(がん、ガン)の原因と予防

癌(がん、ガン)の要因には遺伝要因と環境要因があります。

一般的には癌(がん、ガン)は遺伝子の病気であるといわれております。
正常な細胞の中に核と呼ばれるものがあって、その中にDNA(遺伝子)がというものあります。
そのDNA(遺伝子)に傷がつき、DNA(遺伝子)の傷が蓄積すると正常の細胞とは異なる自己増殖機能を持った勝手に増える細胞が増え、悪性化するのが癌(がん、ガン)化の過程です。

これらの要因となる物質がいわゆる発癌(がん、ガン)物質と呼ばれ、それを抑える物質は癌(がん、ガン)抑制物質と呼ばれます。
癌(がん、ガン)予防とは、すなわち発癌(がん、ガン)物質に触れることを極力抑え、発癌(がん、ガン)抑制物質に触れることを極力増やすということです。

そして、癌(がん、ガン)の要因は大きく遺伝要因と環境要因に分かれます。
癌(がん、ガン)遺伝子の病気なのですが癌(がん、ガン)は遺伝する病気ではありません。
遺伝する癌(がん、ガン)とは高発がん家系ということになります。

高発癌家系というのは例えばある家系の方は、そのほとんどが癌(がん、ガン)になるというような場合がそうです。
例えば家族性大腸ポリポーシスという病気においては、その癌(がん、ガン)になるような遺伝子を生まれつき受け継いでいる場合、そのほとんどが40歳ぐらいまでには癌(がん、ガン)になるわけです。

実際、そのような家系は存在し、この場合は遺伝する癌(がん、ガン)といえるわけですが、こういう遺伝する癌(がん、ガン)といわれるものは全ての癌(がん、ガン)においてはごく少数なのです。

一方、遺伝要因のひとつに発がん物質への感受性というものがあります。
例えば、同じように喫煙をしても、がんになる方とならない人がいます。
これはそうした発がん物質に対する感受性は遺伝的に決まるということが、ある程度分かってきています。

こうした感受性は直接的にがんを起こす原因にはなりませんが、やはり遺伝する体質といえるわけです。
そしてこの体質について高発がん家系に比べるとある程度多く存在すると考えられます。

しかし、がんの原因として、圧倒的に大きなウエイトを占めるものは、環境要因と呼ばれるものです。
ここで言う環境とは、個人の力ではどうしようもない大気汚染等もありますし、それ以外には個々人の生活習慣も含まれるわけです。

癌(がん、ガン)になる大きな環境要因はなんでしょうか?

発癌原因を推定したアメリカのデータでは、喫煙30%、成人期の食事・肥満30%とあります。
つまりこれは、もしタバコを吸わなければ、3割の人は癌(がん、ガン)にはならなかったということです。
やはり喫煙と食事にかかわる要因が多いわけで、その次に運動不足やウイルス細菌感染が続きます。

遺伝要因に基づく癌とは癌の家族歴を意味しますが、これは大きな数字ではなく、環境汚染や放射能・紫外線・食品添加物が要因とされる、いわゆる社会・集団的な環境要因は喫煙・食事という個人の生活習慣に比べた場合、それほど大きな影響があるとは考えられていないのです。

ところで、喫煙が影響する癌(がん、ガン)は、実は肺癌だけではないのです。
食道癌や膵臓癌、そして肺癌以外にも呼吸器にかかわるような癌(がん、ガン)は多くあります。
そして尿路系のがんにも強い関連があると判断されています。
それから日本人に比較的多い癌についてもまったく関連がないように思われる胃癌や肝臓癌なども実は喫煙と関連性があることが、国際機関などで認められているのです。

食事と発癌(がん、ガン)に関しての調査をまとめたものでは、アルコールについて関連が強い癌(がん、ガン)はリスクとして比較的はっきりしております。

例えば胃癌(がん、ガン)の場合リスクとなるのは塩辛や漬物などの高濃度の塩分を多く摂ることです。
そして大腸癌(がん、ガン)に関しては、運動不足が大きく影響するといわれており、食事は関係ありません。

ところで癌(がん、ガン)を予防する要因としては野菜・果物、緑黄色野菜を多く摂ることが大事です。
それは大腸癌(がん、ガン)予防には食物繊維が効果があるといわれているからです。

しかし、癌(がん、ガン)の原因というのは特定できるものではありません。
癌(がん、ガン)を予防する食事に関しては、精密な調査をすればするほど結論が何となくはっきりしません。

しかし、基本的には肥満となるような高いカロリーを摂ることはよくありません。
そして動物性の食物よりも、植物性の穀物や野菜、果物を多く摂るほうが、癌(がん、ガン)の予防には向くということができます

スポンサードリンク

 <  前の記事 癌(がん、ガン)の精密検査と療法  |  トップページ  |  次の記事 癌(がん、ガン)の予防方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/115

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴