Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  癌(がん、ガン)の予防方法

スポンサードリンク

癌(がん、ガン)の予防方法

日本における死亡率を死因別にみると、明治から昭和初期までは肺炎、結核、胃腸炎などの感染性疾患が多かったのですが、これが戦後になると急速に減少しました。

しかしそれらと入れ替わって、癌(がん、ガン)、心臓病、脳血管疾患などの、いわゆる生活習慣病による死亡が上位を占めるようになりました。

とりわけ癌(がん、ガン)による死亡率は昭和56年から死因の第1位を占めており、平成14年には死亡数はは304,286人で、人口10万に対する死亡率は241.5で、総死亡の31%となっています。

そして癌(がん、ガン)による死亡を、その部位別にみますと、男の場合は肺がんが最も多く、平成13年で は癌(がん、ガン)死亡の22%を占めており、次いで胃癌 17.8%、肝臓癌13%となっています。
それから女の場合は胃癌が最も多く、癌死亡の14.8%を占めており、次いで肺癌12.7%、結腸癌 10.1%のとなっています。

早期診断・早期治療など医療技術の進歩により、従来は胃癌や子宮癌の死亡率が多かったのですが近年は減少傾向にあります。

平成13年の年齢階級別癌死亡率をみますと癌(がん、ガン)による死亡率は30歳以後急激に増加し、35歳~84歳では死亡順位の第1位を占めています。
このことからいかに30代からの生活習慣病対策が大切かということが理解できます。

最近の調査では、代表的な癌(がん、ガン)のいわゆる5年生存率も大幅に上昇しています。
そして早期胃癌は90%以上の生存率になっています。
この5年生存率は精神的な作用によっても変動があることが分かっております。

癌(がん、ガン)に立ち向かうにはまず癌(がん、ガン)のことをよく理解し、正しい知識をもつことが必要です。
そうすることによって不必要な心配やストレスもやわらぎます。
それから癌告知を受けた場合、特に癌予防のための食生活を心がけることが大切となります。

癌予防および改善を行うには精神的安定を確保することと食生活を改善することでも効果が期待できます。

癌は早期発見で対処できれば、癌患者の5年生存率はかなり上がります。
そして中には色々な理由をつけて癌検診に行かない人がいますが、癌を予防するには定期的に検診を受けて、早期発見を心がけることが非常に大事なのです。

そしてポリープが運良く良性であったとしても、粘膜を傷つけてポリープの発生を促した生活全般を見直す必要があります。
例えば喫煙、アルコール、塩分や脂肪のとりすぎ、ストレスなど、日常の不摂生が知らず知らずのうちにポリープや癌(がん、ガン)を招き寄せるのです。

癌(がん、ガン)を発症させる要因は喫煙、偏食、ウイルス、排気ガス、紫外線、放射線など、日常生活の中に潜んでいます。
癌予防には、300種類をこえる発癌物質を可能な限り摂取せず、バランスのとれた食生活を心がけることが大切です。

細胞の遺伝子は、生活上さけられない発癌物質の攻撃により、常に傷つけられており、その傷は修復遺伝子の働きによって直されています。
しかし発癌物質の攻撃が大量だと、この働きが追いつかなくなり、癌(がん、ガン)になってしまうわけです。

正常な細胞が癌化するには、主犯となる発癌物質と共犯となる物質が作用しています。
主犯は遺伝子を直接攻撃し、共犯は細胞の防御機能を弱めることで主犯のはたらきを助けて癌(がん、ガン)を発症させるわけです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 癌(がん、ガン)の原因と予防  |  トップページ  |  次の記事 癌(がん、ガン)の予防方法2  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/119

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴