Top >  フコイダンはガンに効くのか? >  癌(がん、ガン)予防と対策方法

スポンサードリンク

癌(がん、ガン)予防と対策方法

近年、健康や食品に関するフォーラムがより多く企画されストレス社会を反映して食品では手軽に疲労回復あるいは健康維持につながるものが人気を呼んでおり、健康に対する関心が高まっています。

若年層では、不規則な生活でも健康には気を使うというマイナスとプラスの帳じりを合わせようとする傾向がある一方、中高年層では高齢社会を迎え、早くから癌(がん、ガン)予防や老化防止に投資しようという背景があります。

現在の長引く不況の下、食品のプラス面が注目されて本物志向、すなわち食品に物語性を求める傾向がみられます。
つまりこれは、自分自身にとっての本物を選択し語る時代になってきているということです。
そして健康志向ブームの中で、体によいポリフェノールなどの天然栄養成分を含む商品に人気がでてきました。

食品と健康を求める現状の中で自分自身の力による癌(がん、ガン)予防を分かりやすく解説した癌(がん、ガン)予防に関するガイドブックが多数出版されています。
文化が成熟してくると食品がコミュニケーションツールの役割を果たし食品と健康を求める傾向がますます高まってきています。

ガイドブックには、癌(がん、ガン)予防食品に関する最新の研究成果を中心に癌(がん、ガン)の原因、植物の癌(がん、ガン)予防成分、癌(がん、ガン)予防に役立つ食品が記載されていて分かりやすい内容となっています。

ガイドブックは、癌(がん、ガン)を防ぐ食品である野菜・果物、海産物・肉、香辛料・嗜好品、健康食品について詳しく述べており、その分野のプロが抗癌食品の他にも幅広く成人病予防・治療について分かりやすく述べており、そして癌(がん、ガン)を防ぐ知識についても述べています。
そしてガイドブックには、癌(がん、ガン)の発生がビタミンCで少なくなるデータなどが記載されています。

発癌予防にはビタミンE、ビタミンCともに期待されております。
その理由は、ビタミンEが抗酸化剤であることです。
これは他の抗酸化剤のBHT(ブチルヒドロキシトルエン)、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)と同様に発癌抑制作用が見られます。

発癌には酸化反応が必要ですが、ビタミンCとビタミンEは、その抗酸化作用によって発癌反応を抑えます。
その他の理由として、ビタミンEは値物油に多く含まれており植物油を多く利用することによりビタミンAやカロチン等の脂溶性ビタミンの吸収・摂取の増加が期待されることです。

ビタミンEはビタミンCと同様に、アミンと亜硝酸塩から生成される発がん性物質ニトロソアミンを抑える働きや、乳腺腫瘍、腹腔内腫瘍、度下肉腫の発生を抑える働きがあることが実験により分かっています。
しかし、ビタミンE(α・トコフェロール)がどのくらい人間の発癌予防に有効かはまだ確認されていません。

そしてビタミンEが欠乏した場合の症状がまだ判明せず食物の中のビタミンE含有量を測る方法も確立されていないため、現状ではビタミンEの発癌予防効果を確定するのは非常に困難です。

癌(がん、ガン)の研究が進むにつれて、癌(がん、ガン)を作る食品あるいは癌(がん、ガン)を防ぐ食品が分かってきました。
そこで、毎日の食事では、癌(がん、ガン)を生成する食品は可能な限り避け、癌(がん、ガン)を予防する食品は多く摂取することが大事です。

しかし、だからといって癌(がん、ガン)を予防するために同じ食品だけを摂取していては、栄養のバランスが崩れてしまいます。

そこで食事はバランスよく摂り偏食をせずに多くの食品を摂ることです。
つまり食品を多く摂っていれば、癌(がん、ガン)を作る食品がいくつかあっても、その他の多くの癌(がん、ガン)を予防する食品によってその発癌性は弱められるわけです。

具体的には1日30品の食品を目標としてなおかつ、以下の点に注意して食事を作りましょう。

1.ビタミンAの摂取
2.ビタミンCの摂取
3.ビタミンEの摂取
4.食物繊維の摂取
5.脂肪を控える
6.塩分を控える

以上の条件を満たしているのが緑黄色野菜ですが淡色野菜にもビタミンおよび食物繊維を豊富に持っているものがあります。

成人が一日に必要な量のビタミン、食物繊維などを摂るには緑黄色野菜100g、淡色野菜200g、芋類100g、果物200gであり、大体100gの目安量を参考にして組み合わせることです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 癌(がん、ガン)の予防方法2  |  トップページ  |  次の記事 抗がん剤  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://maxi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/126

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「フコイダンと健康との関係を考える」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴