地震保険補償.comへようこそ

地震といえば世界広しといえども、日本こそ世界でも有数の地震大国なのです。
日本では常日頃から毎日のように大なり小なり全国各地のどこかで地震は発生しており被害も多数出ています。

あなたが地震大国である日本に住んでいる限り地震被害は決して他人事ではなく次の被害者はあなたかもしれないのです。
そしてそういう現実にもかかわらず実は地震保険に加入している世帯はまだまだ少ないのです。

このようなことからここでは地震保険に関する予備知識をご紹介したいと思います。

地震保険が火災保険あるいは生命保険と大きく異なる点は地震そのものが天災であり、
それを前提として成り立つ保険であるということです。

つまり、火災保険や生命保険は天災以外の理由で被害を受けた場合のみ保険者を救済する保険であるため、
地震などのいわゆる天災による被害については救済されません。

しかし、地震保険はずばり天災である地震による被害に対して被害者を救済する保険なのです。
ということは天災である地震がいざ発生すると火災保険や生命保険と違って一度に多数の被害者が出るわけです。

そうなると保険金を支払う立場の保険会社としては多額の保険金を一度に支払う必要があるため、
経営的にはかなり追い込まれることになり、経営としては現実的ではありません。
そういうことから、地震保険の一部は政府が保証する仕組みとなっているのです。

そもそも地震保険が誕生したのは昭和41年であり、そのきっかけは昭和39年に発生した新潟地震に端を発します。

それでは地震保険の補償内容はどのようになっているのでしょうか?
地震保険は地震等によって、建物が壊れたり、家の中に置いてある財産が使えなくなったりした場合に出る保険金のことであり、
地震による補償は地震、津波、噴火によって被害をうけたときに行われます。

そして地震保険による基本的な補償は、以下のとおりです。
1.地震によって家や建物が倒壊したとき
2.地震によって火災が発生し、家が焼けたとき
3.津波によって、家が流されたとき。
4.噴火によって、家が損壊したとき
*以上において株券などのいわゆる有価証券は家財として認められません。

ここで誤解を受けやすいのが通常の火災保険だけでも地震による補償がされるのではということですが、
実際は地震保険とセットで加入しないと補償されません。

その点を充分理解した上で保険会社に確認をとることが大事です。

スポンサードリンク

地震保険補償.comカテゴリー