5.塩分と血圧および高血圧の関係

塩分と血圧および高血圧の関係には以下のようなものがあります。

(1)塩からいものを食べた後は、水が飲みたくなるのと同じで、
  食塩のナトリウムが体内(血液中)に入ると、ナトリウムの濃度が必要以上に高まる。
  すると体液のバランスがくずれる。
  それを防ぐために血管内に水分が呼び込まれる。
  その分だけ血液量がふえ、血管を圧迫する。
  つまり血圧が上がると言うことになる。

(2)一方、血管の壁には血管を収縮、拡張させる神経が走っている。
  これにはホルモンがかかわり、その分泌が多いと血管は収縮する。
  ナトリウムが血管内に余分にあると、神経はいっそう敏感になり収縮しやすく、
  その結果血圧が上がるわけである。

(3)尚、カルシウムやマグネシウムは血管を拡張させる。

(4)フーチバー(よもぎ)の高血圧に対する効果

 なぜフーチバー(よもぎ)で高血圧が改善されるのか?
 それは、血管の収縮、拡張にはホルモンが関わっているが、
 フーチバー(よもぎ)には、血管を収縮させるホルモンの分泌を抑制する作用がある。

鉄分の含有量(100g茹でた場合)
 *フーチバー(よもぎ) 3, 0mg
 *ホウレンソウ     0,9mg

(5)朝1杯の水は、血液中に入って血液を薄め血管を広げる。
   したがって、血圧は下がり血液は固まりにくくなって、
   脳卒中、心筋梗塞、狭心症の発作を予防する効果がある。

スポンサードリンク

血圧.comカテゴリー