高血圧.comへようこそ

高血圧は一般的にこれといった症状がないのが特徴であり、それゆえに別名:サイレントキラーともいわれています。

血圧が高いと脳の血管や心臓、腎臓などに障害が起こりやすくなり寿命が短くなることがこれまでの研究で分かっています。
高血圧そのものは死因の直接的な原因とはなりませんが高血圧によって心臓病や脳卒中など重篤な合併症を起こして死亡率が高くなるわけです。

さてそれでは、高血圧はなぜそういう病気になりやすいのでしょうか?
一般的には血圧とは血液が心臓のポンプ作用によって動脈に送り込まれる圧力のことをいいます。この血圧が高くなると心臓に負担がかかってしまい、いわゆる心臓肥大といわれる状態になったり、あるいは血管障害によって血管の動脈硬化が進んで、その結果として血流が途絶えて心筋梗塞や脳梗塞を起こしたりします。

そして血管障害によって血管が破れやすくなり血管の破裂による出血も起こりますが脳出血はその代表的な疾患です。
腎臓では広範囲にわたって細小動脈の硬化が起こり、これが進行すると腎機能が悪化して腎不全や尿毒症となります。
それから心臓肥大の状態が続くと心不全や不整脈などを起こします。
それから血管の障害は眼底病変としても観察されます。

もっとも、これらの症状は高血圧だけで起きるわけではなく高脂血症や糖尿病、肥満、喫煙なども動脈硬化の促進因子となります。
糖尿病や高コレステロール血症などが重なりますと冠動脈疾患発症のリスクが著しく高くなります。
例えば、高血圧の人がコレステロールが高くて耐糖能以上が異常があって、さらに喫煙者であれば一般の人に比べて心筋梗塞になる確率は10倍以上も高くなるのです。

血圧には心臓が収縮して血液を送り出す時の収縮血圧と心臓が拡張して血液が心臓に入ってくる時の拡張期血圧があります。
そこでWHO(世界保健機構)では収縮期血圧が160mmHg以上、あるいは拡張期血圧が95mmHg以上を高血圧とし、140~159mmHgあるいは90~94mmHgの範囲を境界域高血圧としています。
高血圧には腎臓や副腎、甲状腺などが原因で病気が起きる二次性高血圧と原因がはっきりしない本態性高血圧があります。
そして本態性高血圧は高血圧患者の90%を占めているのです。
二次生高血圧はその原因となる病気を治療することにより血圧も下がることが多いのですが、本態性高血圧の場合は多くの要因が絡み合って血圧が上昇しています。
実はこれに大きく関与しているのが遺伝と環境なのです。
これは複数の遺伝子が関与しているとされています。
そして環境については肥満や運動不足、塩分の多い食生活、多量の飲酒生活、ストレスの多い生活などの生活スタイルが大きく影響しています。

スポンサードリンク

高血圧.comカテゴリー