パニック障害.comへようこそ

精神的あるいは心理的な原因によって不安やその他の精神的な異常が現れたりして体に様々な症状が現れたりします。
そして神経症はその症状によっていくつかの病名に分類されます。

パニック障害は強い不安感を起こす急性不安障害と呼ばれていた慢性の精神疾患であり、従来は全般性不安障害とともに不安神経症と分類されていましたが、世界保健機関(WHO)によって1992年に新たにパニック障害として独立した病名とされました。
不安神経症には心理的な原因があり、様々な不安に悩んでいる状態にあります。
そして不安は発作的に襲ってくることが多いのです。
例えば、めまい、いても立ってもいられない気分、動悸、呼吸困難、吐き気、口の渇き、のぼせ、震え、脱力感、手足の硬直などの自律神経症状と共に強い不安感が起こります。
不安の薄れている時は冷静でいられますが発作が再び起こらないかとビクビクして何もできなくなります。
しかし、不安により起こる身体症状は検査をしても身体上の疾患は発見されません。

スポンサードリンク

パニック障害.comカテゴリー