プロバイダ契約比較検討.comへようこそ

インターネット利用するにはプロバイダ契約が必要ですが、さてプロバイダとはなんでしょうか?

そもそもインターネットとは全世界のネットワークを相互に接続したものをインターネットといい、電話回線などで結ばれたコンピュータ同士がネットワークで結ばれています。

そしてプロバイダーとはインターネット接続用の通信回線を提供する業者であり、インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)と呼んでいます。

電子メールやホームページなどのインターネットのサービスを利用するには、専用線や電話回線を通じてインターネットの回線に接続する必要があり、その橋渡しをしてくれるのがプロバイダーというわけです。

それからサービスによっては、ADSL回線、光ファイバー回線利用時などのようにインターネットを利用するためにNTT等の回線業者との別契約が必要な場合があります。

プロバイダーの数は、大小併せて約1000社くらい存在し、そのサービスも各社多種多様なものとなっています。
それぞれのプロバイダーでそれぞれ固有の接続方法や料金・サービスがありますので、
それらのプロバイダの中から自分に合ったプロバイダを選ぶことが大事です。

ホスティングプロバイダにはそれこそ凄い数のプロバイダがあるわけですが、料金体系やサポートされるCGI(Perl,PHP等)、DB(MySQL)などの種類、利用できる範囲まで様々です。

そういうことであなたがホスティングプロバイダを契約する時に一番に考えなくてはいけないのは、あなたがインターネット上に公開したいWEBサイトをそのホスティングプロバイダで実現できるかどうかということです。

そこで本契約する前に例えば無料お試し期間などが設けられているホスティングプロバイダで事前に試してから充分納得のいくまで調査することが大事です。

例えばCGI(Perl,PHP等)はバージョンがOKでも、htaccessの利用権限などがホスティングプロバイダによってまちまちなので、実際に使ってみなければ分からない部分があるのです。

そういうことを知らずにうっかり契約したのはいいのですが、実はあなたの構築したいWEBサイトを実現する手段が無かったということもあり得るのです。

それ以外にも信頼できるプロバイダなのか、商用利用はできるのか、ディスク容量は後から拡張可能なのか、独自ドメインは利用できるのか、メール送受信機能はどんなものなのか、ショッピングカートなどを利用する場合にはSSL対応されているのかといったこともしっかり確認することが大事です。

あと、プロバイダを選ぶポイントとしては操作性、サポート体制なども重要なホスティングプロバイダ選びのポイントとなります。

スポンサードリンク

プロバイダ契約比較検討.comカテゴリー