体脂肪を燃やす方法.comへようこそ

運動なしで体脂肪を燃やす方法とはどういうものでしょうか?
まず、体脂肪を燃やすには痩せる体質を手に入れることが重要です。

1.体脂肪に有害ミネラル(水銀、鉛、ヒ素、カドミウム、ベリリウム) がくっついていると体脂肪が燃えにくくなるが、これらはいってみればすなわち不燃ゴミみたいなものである。

2.太りやすい体質か太りにくい体質かは、入ってきた有害ミネラルをいかに体の外に出すか、つまり体外排出が上手いか下手かに掛かっている。

3.有害ミネラルの解毒法は汗をかくこと、汗は有害ミネラルを排出する有効な手段である。

4.汗には身体に溜った有害ミネラルを有効的に出す汗とそうでない汗がある。

5.汗には汗腺から出る汗と皮脂腺から出る汗がある。有害ミネラルの解毒のためには皮脂腺から出る汗、つまり油汗をかくことが必要である。

6.一般的な汗とは汗腺から出る水分で、熱を逃がし体温を調節する事を目的としている。一方、毛穴の皮脂腺から分泌される汗は肌を乾燥から守る為の保湿成分で、その正体は油(皮脂)である。

7.有害ミネラルは油に溶ける性質がある。そのため汗をかくと皮脂(油)と共に体の外に排出される。

8.辛いものを食べた時とかサウナでかいた汗は、汗腺からの汗で解毒の効果が少ない。しかしジョギングでかいた汗は、運動によって皮脂腺が刺激された為の汗で解毒の効果が大きい。

9.遠赤外線サウナは皮脂腺からの汗を効果的にかくことが出来る。普通のサウナは外から体を温めるので体温を下げる汗腺が刺激される。一方、遠赤外線サウナは体の中心からじっくりと温めるので皮脂腺が刺激される。

10.遠赤外線サウナはジョギングの2倍以上も有害ミネラルを排出する。

11.皮脂腺を開いていい汗をタップリかく方法は半身浴です。まず約2分間42~43度の熱めのお風呂に入る。その後で39~40度のぬるめのお風呂に約20分間入る。なお入浴前には必ず水分補給をすること。この時ニガリを2~3滴加えたニガリ水が効果的である。

スポンサードリンク

体脂肪を燃やす方法.comカテゴリー