ウコンの効果へようこそ

ウコン(うこん)とはなんでしょうか?
世界にはさまざまな種類のウコン(うこん)が存在しています。

ウコン(うこん)とは実はショウガ科に属する多年草植物なのです。
ウコン(うこん)は元来、熱帯アジアの太陽の下で育った植物でありそれ故ウコンは寒さに弱いため、日本では沖縄県と鹿児島県のごく一部を除いて自生しているところは少ないのです。

ウコン(うこん)が日本に伝えられたのは室町時代といわれています。
その後、江戸時代前期になると、当時は海洋貿易国家として広く海外と交易をしていた琉球王国を通して、薩摩、境というルートで各地に広まりました。

琉球王国時代から独自の文化を築いてきた沖縄では、ウコン(うこん)のことを方言ではウッチンと呼んで今日まで受け継がれてきました。

ウコン(うこん)には肝臓を強くする働きがあるとされてお茶として飲用したりあるいは料理に入れるなどして、沖縄では古くから民間薬草として利用されてきました。

2.ウコン(うこん)の種類

さて、ウコン(うこん)の種類にはどのようなものがあるでしょうか?
日本国内で一般的に多く利用されているものには、秋ウコン、春ウコン、紫ウコンの3種類があります。そのほかには白ウコンなど、あまり知られていないものもあります。
紫ウコンのことを別名、白ウコンといわれていることがありますが、この場合の白ウコンは全く違う種類なのです。


秋ウコン→学名:ウコン
春ウコン→学名:キョウオウ
紫ウコン→学名:ガジュツ
白ウコン→別名:ハナショウガ

これらは五臓強化に効果があるといわれる種類でクルクミンを多く含んでおり、もっとも多く利用される種類です。
そしてこれらは胃腸病、老化防止に効果があり、すい臓、糖尿病、水虫にも効果があるといわれている種類です。

秋ウコン、春ウコン、紫ウコンとも形状はいずれもゴツゴツとした根茎ですが、これら3つを区別するために、秋に花の咲くウコンを「秋ウコン」、春に花をつけるキョウオウを「春ウコン」、根茎の切り口が薄い紫色のガジュツを「紫ウコン」といって呼び分けています。

すなわち、本来のウコン(うこん)といわれるものは秋ウコンのことをいい、春ウコン、紫ウコンにはウコンという名が付いていますが、実は別の植物なのです。

スポンサードリンク

ウコンの効果カテゴリー