コーヒーで痩せる方法.comへようこそ

痩せる方法には実に色々なものがありますがそれらの中でも、ちょっと変わったものとしてコーヒーで痩せる方法があるのです。
       

1.コーヒーには色々な成分があるが、痩せやすい身体をつくるには、カフェインとクロロゲン酸が重要な働きをしている。
                               
2.カフェインは苦味成分の一つで、眠気を覚ましたり胃を刺激して食欲を増進させる。クロロゲン酸は抗酸化物質の一つで、老化防止などに効果がある。                 

3.身体に備わっている脂肪細胞は、白色と褐色の二種類。全身に存在し脂肪を溜め込むのが白色脂肪細胞で、この白色脂肪細胞を原料にして燃やすことで体温を維持し、内臓を動かすのが褐色脂肪細胞である。                                  

4.コーヒーを飲むと、肩甲骨の間や首の後ろと腋の下に分布している褐色脂肪細胞を刺激する。
この褐色脂肪細胞は産熱の重要な組織で、いわゆる基礎代謝を生み出す細胞である。褐色脂肪細胞が働かないと脂肪燃焼が滞り代謝量が低下するので、太りやすく痩せにくい身体になる。 

5.歳を取るにつれ痩せにくくなる一つの要因が、加齢と共に褐色脂肪細胞が減少し働きが鈍くなることである。                                    

6.小腸から吸収されたカフェインは視床下部に入り、交感神経を強く刺激してノルアドレナリンと言う脳内ホルモンを大量に分泌させる。ノルアドレナリンは白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の両方を活性化させるスイッチとなっており、脂肪燃焼が活発になる。            

7.クロロゲン酸は小腸から吸収され褐色脂肪細胞に直接入る。そしてクロロゲン酸は細胞内にある脂肪を燃やす物質の量を増やし、褐色脂肪細胞の燃焼をグーンとアップさせる。

スポンサードリンク

コーヒーで痩せる方法.comカテゴリー